ニキビ 原因

ニキビの出来る原因について

ニキビが出来る原因はご存じでしょうか?ニキビが出来る原因は様々ですが、10代の頃から出来始める思春期ニキビの原因は、皮脂分泌による皮脂の毛穴詰まりが原因です。

 

このようなニキビの出来始るメカニズムですが、皮脂と古い角質が混ざりあってしまい、それが毛穴詰まりを起こして、さらにはアクネ菌などが発生して炎症を引き起こし始めるというものです。
ニキビの主な原因は、過剰に分泌される皮脂が原因ですが、お肌の新陳代謝ターンオーバーが上手く働かず、それが古い角質として肌に残ってしまい、油分などを含んだ化粧品なども原因となって炎症を起こして、白いニキビなどがボロボロと出来始めます。

 

複雑なニキビの出来る原因

さらに、精神的なストレスや生理などが加わって身体の成長と共にホルモン分泌のバランスが乱れることなどによっても引き起こされます。

 

規則正しい生活はニキビを増やさない様にする方法の第一歩です。睡眠不足、食生活の乱れ、便秘などはお肌の構造のターンオーバーを乱して、皮脂分泌も盛んになり、ますますニキビが増える原因となります。規則正しい生活をすることによって、お肌が十分に補給されて、ニキビがこれ以上増えることを予防することができます。生活上のストレスもニキビを増やす原因となります。精神的ストレスが掛かることによって身体の中の神経細胞に負担が掛かり、その結果、お肌のターンオーバーも正常に働かなくなるようなことにもなりかねません。日々リラックスした気持ちで、程度に身体を動かす、ストレッチなどをして全身の筋肉をほぐす、脳から身体をリラックスさせるアロマテラピーやお香などの香を嗅ぐことも効果があるでしょう。ストレッチ運動は、呼吸を止めることもなく、全身の筋肉を伸ばすことによって血液に酸素を送り込み、身体的にリラックス状態を実感することができます。

 

食生活の乱れもニキビを増やす原因となり、脂質、糖質、炭水化物の摂り過ぎなどがあげられます。なるべくお肌に良いと言われているビタミンA類、ビタミンB?、ビタミンB?、
ビタミンC類を多めに摂ることで、身体の内側からキレイにしていきましょう。