ニキビケア

どうする?ニキビケア?

ニキビケアに頭を悩ませている人たちはたくさんいるそうです。ポツンと出来てしまったニキビから、赤く腫れて炎症が起きてしまったニキビまで、ニキビケアの方法は様々です。思春期にできるニキビでも大人になってからできるニキビでも早い段階であれば、正しいスキンケアと食生活などの改善で治すことはできますが、炎症を伴っているニキビの場合には、ニキビのケアによってますます悪化してしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

 

ニキビを悪化させないための正しいニキビケアをご紹介しましょう。

 

洗顔について

正しい洗顔は、ニキビケアの基本中の基本です。ですが、ニキビを気にするあまり、洗顔のし過ぎになることがあります。そうしますと、お肌の必要な脂分まで落としてしまい、お肌の乾燥を招くことになり、ますます皮脂を分泌するようになってしまいます。角質も堅くなってきて毛穴が詰まる原因にもなります。

 

ニキビができてしまったら?

ニキビができてしまったら、早めの処理が必要です。すぐに塗り薬を塗ることも必要ですが、ストレ、食生活などが原因で体内のホルモンバランスの分泌が乱れて、皮脂が過剰に分泌されて、ニキビがますます増えてしまうという悪循環にも陥ってしまいます。それなので睡眠不足を解消する、ストレスを解消する、食生活を改善する、規則正しい生活を心掛ける、肌質に合った化粧品を使うなど一連の項目事項に注意した生活を心掛けましょう。

 

ニキビが出来てしまった場合の処置

ニキビは潰すと跡が残ってしまうので、必ずニキビのケアには気を付けて跡を残さないようにしましょう。出来始めのニキビ、白ニキビの場合には、皮脂腺に詰まった皮脂にだけを押し出せれば、炎症を起こすこともなく、良くなることもないようですが、絶対にニキビを潰さないようにしましょう。ニキビ跡になってしまう場合があるからです。ニキビは絶対に潰さないようにして自然に治るのを待つか、医療機関に相談してみましょう。